涼の成長記録

自らの人生に主導権を持つべく、独立を目指して2014年3月31日を持ってITエンジニアを退職。そんな23歳♂の成長記録。

Windows 7のコマンドプロンプトからtelnetコマンドを発行

せっかくブログを作ったのだから、細かな情報でも思い立ったらすぐ、どんどんアウトプットしていきます。毎日続けたら、人に見てもらえるようになるかなー。


さて、本題ですが、
Windows 7では、デフォルトでTelnetクライアントがインストールされておりません。
コマンドプロンプトからtelnetコマンドを叩いてみましょう。

C:\Users\seven>telnet
'telnet' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

では、Telnetクライアントを自分でインストールしましょう。手順は簡単。1分でできます。

コントロールパネルの、「プログラムの機能」から、以下の図で赤枠で囲っている「Windows の機能の有効化または無効化」を選択します。
f:id:ryo021021:20131003153012p:plain


次に出てきたウインドウから、「Telnetクライアント」を探してチェックを入れ、OKボタンでインストール。
f:id:ryo021021:20131003153004p:plain


さあ、叩いてみましょう。

C:\Users\seven>telnet

Microsoft Telnet クライアントへようこそ

エスケープ文字は'Ctrl+]'です

Microsoft Telnet>


以上、簡単でしたね。